ご予約はこちら


料金プラン

トップ>ブログ一覧>

祝い着(産着)について

2021年11月12日着物
祝い着(産着)について
祝い着(産着)について

こんにちは!

あっという間に10月も過ぎ…気づけば11月!

今年も残り一ヶ月半となりましたね!

最近、落ち葉の上を歩いて

転びそうになるスタッフの茶木です!

今回は当店のプランにもある

百日衣装の『祝い着(産着)』について

ご紹介したいと思います。

産着は赤ちゃんが生まれて初めて身につける伝統的な着物です。

別名「一つ身」「のしめ」「掛着」とも呼ばれています。

そんな産着には、

赤ちゃんが健やかに育ちますようにという願いが込められています。

お参りの際では赤ちゃんに着せるのではなく、

おばあちゃんまたはお母さんが

赤ちゃんを抱いた上から覆いかけるようにして産着を掛けて

抱っこをする着せ方もあります。

男の子、女の子

それぞれお着物の柄には、

縁起が良いとされている柄や

願いが込められてあります。

引き続き次の投稿でも

産着について紹介してまいりますので

お楽しみにお待ちくださいませ★

外は気温が低く、

冷えてきていますので

外出の際には、

体調にお気をつけて下さい。

photo studio umu.では

寒さも吹っ飛ぶくらいの楽しい撮影を

スタッフ一同心がけておりますので

是非ご来店お待ちしております☺︎♪

茶木